奏劇場コンセプト

奏劇場入り口写真です。

2012年7月、体験王国むら咲むら園内にククル奏-かなで-劇場を開場する運びとなりました。
琉球武家屋敷を舞台に、その庭先で鑑賞する新たなスタイルの劇場となります。 日頃より
体験王国むら咲むらでは沖縄の観光振興と産業振興の両立を、目指すべき方向性の一つとして
あげており、今回の奏劇場の開場は新しい挑戦の第一歩となります。

 沖縄を訪れる観光客や沖縄県民に、沖縄の伝統芸能を気軽に楽しんで頂ける奏劇場自主公演や
会場を提供する事でサポートするイベント(音楽や芸能)など公演内容はもとより野外劇場
ならではの観賞スタイルにも試行錯誤しております。

ここ読谷村から、世界に誇れる沖縄芸能や、さまざまなエンターテイメントを発信する場として県外、県内の多くの方々に是非足を運んで頂き、楽しんで頂きたいと思います。